乗り換えするときにかかる【手数料】って何?




どうもこんにちわ、モバオです。

今日は乗り換えでかかる手数料ってどんなものがある?という説明をしたいと思います。

会社を変える乗り換えを、する場合、かかるコストは大きく以下4点です。
  1. 2年契約の解約金
  2. MNP事務手数料
  3. 新規事務手数料
  4. 分割契約の残債

2年契約の更新は2ヶ月間

2年契約の解約金は、概ね10,260円です。2年使うと、更新のタイミングというのが2ヶ月間あり、その間であれば解約金は発生しないのですが、その期間が過ぎると、自動更新でまた2年間縛られてしまいます。

MNP事務手数料は会社によって違う

会社間を変える場合、MNP事務手数料というものが発生します。これは多少会社間により違いがあります。
  • docomo 2,160円
  • au.SoftBank 3,240円

MNP事務手数料に関しては更新のタイミングなど無いので、いつ乗り換えても発生します。

新規契約事務手数料に関しては、各社3,240円に設定しています。これも新規契約をする場合必ず発生します。

分割代金に関しては、今利用中の機種を分割で契約している人のみかかります。意外といつ契約したか覚えていないものなので、乗り換えや機種変更をする場合を考えて自分の分割契約がいつ終わるのか確認をしておくと良いと思います。

たまに勘違いしている人がいるのが、新規契約をしたタイミングと分割で購入したタイミングが違う場合、2年契約の更新月と分割終了時期は変わります。更新月は初めて契約した時を基準に決まっていますし、分割契約は機種を購入したタイミングから始まります。長く同じ会社を使っている人は、分からなくなることがあるので、事前に知っておく事はとても大事ですよ!

以上、モバオでした。




コメントを残す