【超簡単】値引き条件の有料コンテンツって何?【用語解説】




どうもこんにちわ、モバオです。

今回は、特価情報によくある「有料コンテンツ」について説明したいと思います。

有料コンテンツとは、その名の通り月額料金が発生するコンテンツです。有コンと略されることもありますね。
ケータイの電話代と合算して払う月額300円とか500円とかのサービスって目にしたことありませんか?

最近はスマホの無料アプリなどを使う人が多くなってきたのであまり見かけませんが、ガラケーの時代は300円で会員登録して使うというものが一般的でした。これを登録すると販売店にインセンティブが入ってくる仕組みになっているので、値引きの原資になっているのです。

内容は動画サービスや交通案内、音楽聴き放題、漫画やファンクラブなどのサービスを各300円や500円などで加入する事です。この300円のサービスを10個加入して月3,000円を2ヶ月使っていただいて合計負担6,000円で10,000円値引きします!といった感じです。受ける人にとっては4,000円のメリットがありますね。コンテンツ会社にとってはどうなんでしょう(笑)

これが店舗によって5,000円/月や3ヶ月合計で10,000円負担などの記載がされていたりします。端末代金が0円と言っても、実質的にコンテンツ料金を払うので、必ずどれだけのコストがかかるか事前に把握してくださいね。

ただ、基本的に退会も自分でやらなければならなかったりして、不要なものが沢山付けられるのは煩わしいと感じる人も多くいると思います。でも、やっぱり手間がかかっても少しでもお得に買えるのなら、入った方が得ですよね。

以上、モバオでした。




コメントを残す